*わたしの旅行記*

*** 貧乏会社員ですが海外旅行が趣味です。有給が取りづらい職場なのでいつも弾丸旅行です。***


台湾4日目、おはようございます!

IMG_6921

(窓から見える景色は隣の屋根ビュー・・・)

今日の予定は、
10:20発の台鉄に乗って宜蘭駅で降車し、宜蘭でランチをしてから台北に戻ります☆

IMG_6916

昨夜はなんやかんやで夜中の3時くらいに寝たので今朝はバッチリ寝坊です・・・
ホテルに朝食ビュッフェがついていたので急いで会場へ向かいました~

IMG_6923

朝食をかきこんだら身支度を整えてホテルをチェックアウト。
花蓮駅まではタクシーを呼んでもらいました。

IMG_6927

10分ほどで花蓮駅に到着。
(タクシー代140元)

IMG_6930

花蓮駅ってもっと趣のある駅舎を想像していたので、

IMG_6933

あらためて見渡してみると、意外にも都会的でビックリなのでした。

IMG_6934

昨日はプユマ号に乗って花蓮にやって来ましたが、帰りは復興号という準急的な列車に乗ります。

IMG_6938

花蓮駅から宜蘭駅までは約1時間半の鉄道の旅です。

IMG_6937

復興号。
(ちょっとボロいのが)雰囲気ありますね~

IMG_6942

花蓮での滞在はホント短かかったですし「花蓮に行ってきました!」と堂々と言えるほど見どころも廻っていませんが、私自身ずっと念願だった花蓮に来れて良かったです。
(ちょっとしたコンプリート感でしょうか?)

きっとまた来ようっと。

IMG_6945

我々の座席は一番前だったので、

IMG_6946

人の出入りが気になって、あまり落ち着きませんでした。

IMG_6951

し・か・も!
途中でタロコ渓谷の観光を終えたと思われる中国人の団体さんが乗り込んできてめちゃくちゃにぎやかで参りました~~
まあ、 みなさん「蘇澳駅」で降りてくれましたけどね。
(温泉でも行くのかな?)


IMG_6952

やっと静かになったと思ったらほどなくして宜蘭駅に到着です。

IMG_6958

宜蘭駅はなかなか趣のある駅舎なのでした。

IMG_6955

早速、スーツケースを預かってもらいます。
(全部で100元)

IMG_6956

さてさて、この大雨の中、

IMG_6959

ど、ど、どこに行きましょうか・・・?

(つづく)


紅白を観終わったところで、台湾時間で23時。
大晦日の夜はまだまだつづきます☆

ホテルの方に聞いたところカウントダウンのイベントは「東大門夜市」で開催されるそうです。
さきほどは雨が降っていましたが果たして花火は打ち上がるのでしょうか?

(正直、カウントダウンの花火なんてどうでもいいくらい眠いし疲れていましたが)せっかくなので老体にムチ打って出かけてみることにしました。

IMG_6857

良かったー雨やんでる~

夜道は若干暗いですが治安が悪いという感じはしませんでしたヨ。

IMG_6858

ホテルからのんびり歩くこと15分ほどで、

IMG_6859

東大門夜市に到着です。

IMG_6861

うわ~たくさんの人が集まってますね~


そして、なにやら黄色い歓声が・・・

IMG_6866

イベントにはたくさんのアーティストの方が出演されているようでしたが、

IMG_6864

このイケメンの方がひときわ人気があるようでした。

「誰この人?」と気になったのでその場でチャチャっとググったら台湾人と韓国人ハーフのアーティストBii(畢書盡)という方で日本でもペンミを開催していたそうです。


ちなみに、以下、Biiの実際の花蓮イベントでの出演シーンです。
ご興味がありましたらどうぞ。
(この一番うしろのセンターに我々も陣取っていましたヨ☆)

↓ ↓ ↓







IMG_6867

Bii のかっこいいステージのおかげで、さきほどまでの睡魔と疲れが一気に吹っ飛びました!

IMG_6868

いよいよ、カウントダウンのはじまりです!

(中国語で)3.2.1・・・

IMG_6869

ハッピーニューイヤー!!

IMG_6873

ヒャー!!
花火が打ち上がりました~~!!

IMG_6875

間近だったのでなかなかの迫力です!

IMG_6876

以下、花火の写真を全て貼り付けましたのでパラパラ漫画でお楽しみ下さい。

IMG_6877

IMG_6878

IMG_6879

IMG_6880

IMG_6881

IMG_6883

IMG_6884

IMG_6885

IMG_6886

IMG_6887

IMG_6898

IMG_6899

IMG_6900

IMG_6903

(しつこくてスイマセン・・・)

IMG_6905

花火が終わったところで再び「Bii」登場。
(すっかり私もBiiペン)


カウントダウンのイベントはまだまだ盛り上がっていましたが、いい加減限界に近づいてきたのでホテルに戻りました。

IMG_6911

部屋に戻ってテレビをつけるとさきほどの花蓮のイベントの様子が流れていました。

IMG_6912

ちなみにこの方は花蓮の県長さん。
ちょっとした余興を披露されていました。


では、おやすみなさいzzz・・・


(つづき)

お次は、スーパーに部屋飲み用のビールを仕入れに行きたいと思います☆

IMG_6828

途中にあった「POYA」という、なんでも売ってるドラッグストアを覗いてみました。
最近できたっぽいですね。

IMG_6829

おー、花蓮にもニベアの「ジェジュンリップ」が売ってる~

去年、友達の韓国土産でもらってはじめて知ったのですがその当時はどこにも売ってなくて必死で探したんだってさ。
しばらく韓国に行く予定もないので買っておこうっと。

IMG_6830

こちら、台湾的ニベア「雪芙蘭」のクリーム。
とりあえずミニサイズを買ってみようっと。

IMG_6831

やすとも推薦のワセリンもいっぱいある~

IMG_6910

あとは、糸ようじも購入。
台湾製の糸ようじは種類豊富でなかなか優秀なんですヨ。
ビギナーは極細糸がおすすめです。


IMG_6833

またまた雨が降ってきましたが、なんとか「全聯福利中心」に辿り着きました。

IMG_6837

場所は、ホテル正面を出て左に歩いて5分ほどのところにあります。

IMG_6834

(渡辺直美?)

そういえば、昨年青森に行った時に青森のリンゴは台湾に輸出していると聞きました。
キズがあるリンゴもジュース用に海外に輸出されてるんだとか。
リンゴってやっぱり暖かい国では栽培できないのかな?


IMG_6836

そうそう。
昨日、飲んで意外に美味しかった北京製のビールを探してみたのですが・・・

IMG_6835

残念ながら見つからなかったので台湾ビールの瓶を買いました。
あとはカウントダウンの乾杯用にコロナビールを。
(なんとなくハッピーニューイヤーはコロナの気分だったのです)


IMG_6838

スーパーの帰り道で見つけた豆花屋さん。
お店のおばあちゃんと言葉が通じなかったのですが、ちょうど若い女の子が豆花を買いに来て通訳してもらいました。



IMG_6841

ビールのアテもちょこっと仕入れて、急いでホテルに戻ってきました~

IMG_6843

紅白に米津玄師が出るってことでそれに間に合うようにスケジューリングしたのです。

IMG_6845

間に合った~

IMG_6846

途中の菅原小春のダンスで歌が全然入ってこなかったヨ~

IMG_6849

おーースゲ~!!
サザンが「希望の轍」歌ってる~

IMG_6850

なんかもう感動~!!
全部持ってかれたヨ~!!

IMG_6914

とりあえず、日本時間ではありますが(台湾の時差は日本より1時間遅れ)
「あけましておめでとう」の乾杯~!!


(カウントダウンはまだまだつづく・・・)


花蓮グルメのつづきです☆

IMG_6817

街には「食いしん坊マップ」的な看板もありましたヨ。

IMG_6783

まずは「公正包子店」へ。
こちらは肉まんのような小籠包が名物なんだとか。

IMG_6782

おーーー
すごい行列ですね~

IMG_6781

しばらく行列に並んでいたのですが、もしやこれはテイクアウトする人の列なのではと不安になりました。


・・・ハイ、そのもしやでした。
またまたテイクアウトの列に並んでしまっていたという。

お店の人に店内で食べたいと言うとすぐにテーブルに案内されました~~
(トホホ・・・)

IMG_6784

早速、小籠包を4つと、あとお店の看板メニューと思われる紅茶もオーダーしてみました。

ちなみに紅茶はシロップが入っていて「午後ティー」みたいな感じで、甘いストレートティーがあまり好きではない私は最初は「・・・」となりましたが最後のほうはなぜかヤミツキになってしまいました。

IMG_6785

で、小籠包。
ナルホド、これはいわゆる肉まんですね!

IMG_6786

味は551の蓬莱の豚まん的な感じなのですが、皮がほんのり甘くて蓬莱よりも餡があっさりしていて美味しかったです!

サイズも小さめなので2~3個くらいは余裕で食べられますし、タレもニンニクが効いていてこれがまたいい仕事してると思いました。


お次はお口直しに・・・

IMG_6789

「西瓜大王」へ。

IMG_6787

こちらはお店の名前のとおり一年中スイカが食べられるらしいのです。

IMG_6793

お店の方に「スイカジュース?」と聞かれたのですが、私はスイカはジュースにするよりそのまま食べるのが好きなので「カット、カット!」と言って注文しました。

IMG_6790

スイカ以外のフルーツもあってジュースやフルーツの盛り合わせもしてくれるみたいです。

IMG_6791

私はスイカに塩をかけて食べるのが好きです。
でも、こちらでは甘めの梅塩(?)がテーブルに置かれていてちょっとした異文化を感じます。
(正直、梅塩はお口に合わなかったですが・・・)

このとき日が暮れてきて寒くなってきたので冬にぶるぶる震えながら食べるスイカって変な感じがしました。


IMG_6799

スイカでさっぱりしたところで、ヤングな若者が集まるアートスポットに戻ってきました~

IMG_6800

線路のようになっていて雰囲気があります。
花蓮といえばのタロコ渓谷の大理石を使ったアクセサリーも売られていました。

IMG_6802

いろいろな雑貨屋さんやカフェなどがあって見てるだけでも楽しいです。


このあとは花蓮の街をぶらぶらと買い物しながら・・・

IMG_6819

ホテルの隣りにある「液香扁食店」へやってきました。

花蓮グルメといえばワンタンパラダイスとのことで、街のあちこちに扁食店(ワンタン)の看板を見つけることができるのですがその中でもこちらは一番の有名店のことです。

IMG_6827

メニューはワンタンのみです。

IMG_6823

お店に入ったら先にお金を払って番号が書かれたレシートをもらいます。

IMG_6821

で、番号が呼ばれたら「ハーイ!」と言ってテーブルにワンタンを持ってきてもらうというなかなか難易度の高いシステム。

当然、我々は台湾語が分からなくて番号が呼ばれても理解できないので呼ばれる度に「ハイハイハーイ!!」と手を上げてアピールしていたら、お店の人から「チョットマテ」となだめられながら待っていました。
すると、隣の台湾人のご夫婦が「何番?呼ばれたら私がヘルプしてあげるよ」と言って下さいました。
(ありがたやー)

IMG_6825

無事にワンタンゲットです♪

IMG_6826

お・い・し・い~~
プリプリのワンタンがどっさり入っていてセロリとこんがり揚げたタマネギも良いアクセントになっています。

08C83A0A-DCD2-40D3-8EC8-85B550A2F91B

(味は、いい意味で私の大好きなマルちゃんの「ワンタン」に似てましたヨ)


(つづく)


  
平成31年2月のあれこれ☆

ある日のこと。
朝ドラ「まんぷく」を観ていたら、ムショ~にチキンラーメンが食べたくなったのでスーパーに買いにいってきました!

IMG_E7262

早く食べたい気持ちをグッと押さえて、まずはブログ用に「映え」(?)撮影。

IMG_E7256

かいわれと生卵でアレンジレシピ。

IMG_E7258

できあがり♪
(私はバリカタが好きです)

IMG_E7275

とある日。
飽きずにまたまたチキンラーメン。
(ありのままで撮影)

IMG_E7288

煮卵とネギをかわいく(?)あしらってみました。

IMG_E7289

「すぐおいしい、すごくおいしい」♪

*************************************

IMG_E7270

ケーニヒスクローネのカップケーキ☆

IMG_E7271

IMG_E7272

レンジで15~20秒チンすると美味しいとのことで早速チンしてみました。

IMG_E7273

スプーンがついてるのがいいね!

20E11869-6776-47B7-85B1-2E408FF4A018

おーーー
中に甘栗が入っていてめちゃおいひぃー(美味しい~)

やっぱり、ケーニヒスクローネはハズレなしですね!

********************************

先日、はじめて「一人鳥◯族」してみました。
(え?引く?)

IMG_7249

生中+3品(約1200円)でお腹いっぱいになれました!

・・・安くてボリュームがあるのは良いんですけどね。
実は、私はおひとりさまだったのでカウンターに通されたんです。
カウンターなのでちょうど厨房の中もよく見える席でして、その厨房にいた大学生っぽいバイトちゃんが調理しながらスマホをいじってるではありませんか?!

ちょうどバカッター(バカスタグラム?)が世間をにぎわせていた時だったので、なんだかなーって思ってしまいました。
(っていうか、スマホってトイレの便座より汚いっていいますし!)

海外(特にアジア)に行くと、飲食店の店員でも仕事中にスマホをいじってるなんていうのはよくあることなのですが、イマドキは日本の飲食店の店員でもスマホ持ち込みOKなんでしょうかね?

まあねー
私も飲食店でバイト経験あるので、中を見てしまったら外食なんてできないってことくらいは頭では理解しているつもりだけどさ。

ホント、スマホ、というかSNSって魔物ですねー。

********************************

2月に入ってから猛烈に目がかゆい・・・

IMG_E7301 - コピー

いつもだったら、上の左にある「アルガードZ(一番高いやつ(1800円!)」が効くのですが今回はあまり効果がありませんでした。
なので、次は、ものもらい用の目薬を試してみようかと思って一応購入したのですが、やっぱりちゃんと眼科で診てもらうことにしました。

ちなみに、写真下の「バイシンUV」と「アルガードS(安いやつ)」は私が一年中愛用している目薬です。
(差し心地は、織田裕二の「キターーーー!!」系よりもマイルド系の目薬が好みです)


BAA542A4-C886-45CC-A408-691021F00EE1

で、眼科でもらった目薬。
(おかげさまでかゆみはすぐに収まりました~)

初診料とか目薬とか全部合わせても診察代が2600円くらいだったので、市販の目薬をあれこれ買うより最初から眼科に行けば良かった~と思いました。
(ハハハ~)

*******************************

この冬、毎週楽しみに観てるドラマ☆

IMG_E7324

「ハケン占い師アタル」

杉崎花(アタルちゃん)が占い師モードにスイッチ入るところが痛快なのですが、毎回、登場人物の悩める同僚達がどこかしら自分自身にも当てはまる部分があって心に響いて号泣してしまうんですよね~(←ヤバイよヤバイよ)

最後はアタルちゃん本人が救われるのでしょうか。


********************************

久しぶりの読書。

IMG_E7319 - コピー

「国宝」
吉田修一 著

IMG_E7321

主人公はヤクザの組長の息子で、その組長が殺されてしまい家が没落してしまってひょんなきっかけで才能が見いだされて歌舞伎の家の養子になるのですが、そこには跡取息子の御曹司がいて・・・というお話。

IMG_E7323

今、下巻を読んでいる途中なのですが本当に面白くてページをめくる手が止まらないほどです。

これはまたいつか映像化されそう~
喜久雄と俊ぼんは誰がやるのか楽しみです。


********************************

最近、気になる(ウザ)CM

IMG_E7299 - コピー


 

( ↑ ラブリンのビミョーボイスをどうぞ)

IMG_E7300 - コピー

このCM、しょちゅう目にするけどいったいなんのCMなん?


**************************************


IMG_7268

「かにぱん」が好きです・・・


2月は以上です☆
(なんか、いつもいつも取り留めもないこと書いてて怖くてすいません)



お次は花蓮の街に繰り出したいと思います☆

IMG_6747

まずはホテルで花蓮市内の美食地図なるものを頂きました。
(この地図が分かりやすくてとても重宝しました)

IMG_6754

地図によると花蓮の街にはグルメのお店がたくさんあるみたいです。

IMG_6763

このときの花蓮の気温は雨上がりだったので湿度が高くて生ぬるい感じがしました。
台北よりはずっと暖かいです。

IMG_6766

お正月の飾りつけに気分が盛り上がりますね~!
今日は花蓮でもカウントダウンの花火が打ち上がるそうです。

IMG_6769

こちらはアートスポットなのかな?
ヤングな若者でいっぱいです。

IMG_6780

スタバもチェック。

IMG_6770

実は、今回の台湾旅で初挑戦してみたいグルメがありまして・・・

IMG_6771

やってきました~
「鵝肉先生」です。

IMG_6776

台湾好きのいろんなブロガー様が台湾に来たならガチョウ肉はマストに食べたいと紹介していたので私も一度食べてみたかったのです。
(日本ではなかなか食べられないみたいですし)

台北ナビによるとコチラ「花蓮を代表する大人気ガチョウ肉店」とのことで今回の旅で絶対に行こうと決めていました。

IMG_6773

やはり人気店なのかお店の前に行くとたくさんの人でごったがえしていて、注文票を受け取ってしばらく待っていたのですが、お店の人に「まだ?」とアピールするとすぐに店内に案内されました。
たくさんの人でごったがえしていたのはどうやらテイクアウト待ちの人達だったみたいです(ズコッ)

IMG_6774

事前に予習してきた情報によると、ガチョウ肉の部位は前部分があっさりしていて後ろ部分が脂身が多いみたいです。
私は鶏肉の脂身が苦手なので前部分を指定しました。

それとガチョウ肉の注文方法は、100元分とか200元分という単位でオーダーするみたいで、お店の人が2人ならとりあえず250元分でいいんじゃない?とアドバイスしてくれたのでおまかせしました。

あとは「湯油麺」なるものがもうひとつの看板メニュー(?)っぽかったのでそれもオーダーしてみました。

IMG_6779

まずは、「湯油麺」です。

あっさりしているのにスープにコクがあって美味しいです!
太麺っていうのも好みでした。

IMG_6777

じゃーーん!
念願のガチョウ肉です!!!
(タレはセルフサービスでした)

IMG_6778

おーーーー
お・い・し・いーーー!!

臭みは全く無くて、味はチキンと豚肉を足して2で割ったような感じかな?
(鴨肉に似てるカモ?←ダジャレ)

あっさりしているという前部分でも充分脂が乗っていてジューシーなのですが付け合わせのショウガと一緒に食べると全然しつこくなくて、タレの味も「エバラ焼肉のタレ」っぽい馴染みのある味であっという間にペロッと食べちゃいました。
(ビールもすすむ~♪)


今回、はじめてガチョウ肉を食べてみて「くーーもっと早く挑戦しておけばよかった~」と思うほど美味しかったです!
(また食べたい~~)


では、お次も花蓮グルメはつづきます☆


IMG_6755

「ジャストスリープ花蓮ホテル」に到着しました☆

IMG_6752

早速、チェックインしましょう~

IMG_6729

花蓮の観光といえばタロコ渓谷が有名だったり、あとは海も近いのでビーチリゾートなんかも良さそうなのですが、

IMG_6728

今回の花蓮での滞在は1泊だけと、タロコ渓谷に行ったりリゾートをする時間は無さそうだったので花蓮市内の中心地にあるという立地の良さでこちらのホテルをチョイスしました。

IMG_6726

ジャストスリープホテルといえば昨日、礁渓温泉で宿泊したウェルスプリングバイシルクスと同じリージェント系のビジネスホテルだそうで、台北にもジャストスリープホテルはいくつかあるのでその名前だけは知っていました。
私の中ではイマドキのスタイリッシュなホテルというイメージがあって今回はじめて宿泊するのでとても楽しみにしていました。

IMG_6722

花蓮のホテルもまだ新しいホテルなのかとても綺麗です。

IMG_6751

ではお部屋へ。

IMG_6732

おーー
広~い♪

・・・というのは、実はジャストスリープ花蓮ホテルは宿泊費自体、それほど高くなかったので今日は大晦日のカウントダウンということもあってちょっと奮発して広い部屋にランクアップしてあえて4人部屋で指定しておいたのでした~
(スイートルーム的な部屋は既に満室だったのであえての4人部屋~)

IMG_6744

ベッドもゆったりしています。

IMG_6743

「広~い♪」と喜んでいたのはこの時だけで、スタイリッシュ=殺風景っていうのもあったのかもしれませんがなんだか無駄に広くて全く落ち着きませんでした。
(←貧乏性やからや)

IMG_6736

(なあ、スタイリッシュだろ~?)

IMG_6746

(なあ、もっと意識高く行こうぜ~)

IMG_6735

バスルーム以外にも鏡があるのはいいですね。

IMG_6745

あと、部屋に姿見の鏡があるのは地味に嬉しかったりします。
(意外と姿見の鏡が無いホテルってあるので、ベッド上に乗ってドレッサーの鏡で全身チェックしたりするのは私だけでしょうか?というかドレッサーの鏡さえないホテルもありますけどね!←その顔で美意識高いんかーーい)

IMG_6734

IMG_6750

ミニバーには無料のお水やお茶類もいろいろありました。

IMG_6738

そして、バスルームもスタイリッシュ!

IMG_6739

一応、4人部屋なのでダブルシンクです。
(これも嬉しい)

IMG_6741

スイートルーム的な部屋だとバスタブがあるのですが、4人部屋には残念ながらシャワーのみでした。
でもドアで仕切られているので、ワッシャーーっと豪快にシャワーを浴びても床がビショビショになる心配がないのは良かったです。
(水圧も充分でしたし♪)

IMG_6740

歯ブラシなどもひととおり完備。
あ、でもリンプーとボディソープは備え付けでした。

IMG_6737

では、お部屋チェックも終わったところで早速お出かけしましょう~☆



IMG_6684

いよいよ念願の花蓮に向かいます☆

IMG_6685

礁渓駅から花蓮駅まではわずか1時間の鉄道の旅ではありますが、

IMG_6691

プユマ号に乗っちゃいます!

IMG_6692

以前からプユマ号に乗ってみたいと思っていたのでワクワクが止まりません!

IMG_6693

プユマ号といえば、去年(2018年)の10月に脱線事故が起きたというニュースを見た時はビックリしました。
というのは、プユマ号やタロコ号は日本製の車輛が採用されているので素人目線で、車輛の不具合のせいではないかと心配してしまったのです。

IMG_6698

最終的には人的ミスとのことで早期に決着したのですが、となると今度はJR福知山線の脱線事故を彷彿とさせてしまい、(不謹慎で申し訳ないですが)私達が乗りこむ車輛は4号車だったので「一番先頭の車輛じゃなくて良かった・・・」と心の中で思ってしまったのでした。
(すいませんすいません)

IMG_6700

(「大丈夫さ!!」)

とはいえ、とっても快適なプユマ号なのでした。

IMG_6695

早速、さきほど購入しておいた排骨飯的なお弁当を頂きます!!

IMG_6694

茶色いビジュアルですがそれを裏切る美味しさ。
ご飯に沁み込んだタレがこれまた美味なんですよね~~

IMG_6697

車窓からの景色は相変わらずのどしゃ降りの雨・・・

IMG_6702

やっぱりどことなく日本の田舎の景色に似ています。

IMG_6701

このあたりはタロコ渓谷かな?

IMG_6711

お弁当を食べたりビールを飲んだりしていたら、

IMG_6713

あっという間に花蓮に到着です!

IMG_6715

花蓮駅の駅構内は意外にも近代的。
(この駅舎のデザインがリスボンのオリエンテ駅に似てる~と思いました!)

IMG_6714

ちなみにトイレも綺麗でしたヨ。

IMG_6718

花蓮駅。
とにかく立派な駅舎です。

IMG_6719

むむむ?
あの黒いかたまりはなんだろ?

IMG_6716

真っ黒なワンコがまったりしていました。
平和ですね。

IMG_6720

ホテルは花蓮市内にあるのですが、花蓮駅からは少し離れているのでタクシーで向かいます。

IMG_6753

10分ほどで到着しました。
(タクシー代150元)

IMG_6756

ではホテルにチェックインしましょう~☆



台湾3日目、おはようございます☆
今日は大晦日です。

今日の予定は12:50発の台湾鉄道で花蓮に向かうのでホテルのチェックアウトまで温泉を楽しみたいと思います♪

IMG_6629

朝風呂に入ったら、朝食に向かいましょう。

IMG_6628

ホテルの宿泊には朝食ビュッフェがついています。

IMG_6627

あまり写真は撮れなかったのですが、和食のお惣菜メインのビュッフェで和食好きの私としてはテンションが上がりました!
今回の旅はいつもより長めの5日間で毎食台湾料理だとやはりオイリーなので、間に和食を挟むことができて良かったです。
もちろん、美味しそうなパンなどもありましたヨ。

IMG_6632

おかずの種類がいろいろあったので、ちょこちょこおかわりしちゃいました~
お味も繊細な味付けで、なんちゃって日本料理って感じではなく美味しかったです。
お野菜も新鮮でキラキラしてました!


あ~お腹いっぱい!
部屋に戻って私は内風呂に浸かり、友人はジャストスリープの大浴場に行って温泉を楽しみました。


IMG_6661

温泉のあとはホテル周辺を散策。

今回はずっと雨だったので比較できないかもしれませんが、この時期の礁渓温泉は台北より暖かく感じました。
日本の10月くらいといったところでしょうか。

IMG_6665

お天気が良ければサイクリングも良さそう~!

IMG_6667

いつも言ってるかもしれませんが、海外に来ると、なんてことない住宅とかマンションを観るのが好きです。
特に一般人が住む家の内装とかインテリアが気になってしかたない。
(卓球の愛ちゃんの家とか見ても非現実的ですからね~)

礁渓温泉だけに、このあたりのマンションは部屋に温泉が引かれているのでしょうか。
(自宅で温泉に浸かれるなんて、夢のようですね~)


IMG_6663

礁渓温泉のドクターフィッシュはよくよく見ると、金魚っぽいんですよね~

IMG_6664

動物好きのワタクシですが、魚類、爬虫類系がめっぽう苦手なので足湯は無料(タダ)でも勘弁なのでありました。
(すいませんすいません)

IMG_6669

散策の途中で、花蓮行きの鉄道の車内で食べようと礁渓温泉トマトと排骨飯的なお弁当をテイクアウトしておきました。


そろそろ時間なので、ホテルに戻り身支度を済ませたらチェックアウトです。

IMG_6671

フロントで、駅までタクシーをお願いしたら、
ホテルの方が「駅まで歩いて3分ですよ」と言うので、
(確かにホテルから駅舎は見えているくらい近いのですが、今回は雨が降っていてスーツケースもあったので)
「ヘヴィーバッゲージ!」と泣きそうな顔で訴えると、快くホテルの車で送迎して頂けることになりました。
(一応チップ50元)


IMG_6673

あっという間に礁渓駅に到着。

IMG_6675

駅前には足湯コーナーがあります。

IMG_6678

花蓮行きの乗車券は日本で予約しておいたのですが、乗車する30分前までには窓口できっぷに引き換えないとキャンセルになってしまうので注意です。

IMG_6682

花蓮行きのきっぷと、明日乗車する花蓮から宜蘭行きのきっぷに引き換えることができました~
(これで一安心♪)

IMG_6681

礁渓駅で名物のトマトジュースを買おうと目論んでいたのですが、小さなコンビニがあるくらいで、駅の周辺もこれといったお店もありませんでした。
(駅弁とかも無かったような・・・?)

IMG_6679

雨も降っていたので残念ながらトマトジュースは諦めることにしました・・・泣


(つづく)


お次は晩ゴハンに繰り出します☆

IMG_6749

ホテルの方におすすめのレストランをお聞きしたら地図にマークしてくれました。
礁渓温泉の情報は「歩き方」の地図だけではこころもとなかったのでとても助かりました~

IMG_6559

雨・・・

IMG_6561

雨・・・


IMG_6563

徳陽宮という廟があったので旅の安全をお願いしておきましょう。

IMG_6564

お参りをしていたらいきなり爆竹がバババーーン!!と爆発してビックリ!!
寿命が縮まるかと思いました!(いや、実際縮まったわ)

IMG_6565

ホテルの方のおすすめ「八寶冬粉」にやってきました。

IMG_6566

人気店なのかとてもにぎわっています!

IMG_6567

看板メニューの「八寶冬粉」とルーロー飯をオーダーしました。

八寶冬粉のほうは春雨スープといった感じかな?
スープがとてもあっさりしています。
悪くいえばパンチがないのですが、野菜たっぷりで春雨もヘルシーで美味しかったです。
ルーロー飯はちょっとポソポソしていましたがこれはこれで美味しかったです。

IMG_6570

お次は甘いものを頂きたいと思います♡

IMG_6571

礁渓路沿いをてくてく歩くと途中にスーパーがありました。

IMG_6572 - コピー

宜蘭といえばやっぱりネギが有名なのでしょうか。

IMG_6578 - コピー

「和平豆花」に到着。

IMG_6580 - コピー

やさしい味です。
これも全く罪悪感なく食べられますね。

IMG_6589 - コピー

お次はホテルの方おすすめの「奕順軒」というベーカリーショップにやってきました。

IMG_6582 - コピー

大人気店なのかすごい人です!!
(入場制限してる時もありました)

IMG_6583 - コピー

美味しそうなパンや、

IMG_6585 - コピー

月餅系のお菓子も売られています。

とにかくすごい人だったので結局は何も買いませんでしたが、なにやら宜蘭ネギを使ったパンが美味しいらしいので食べてみたかったです。

IMG_6591

ぶらぶらしていると、ちょっとした夜市がありました。

IMG_6593

そこに雨の中トボトボ歩くワンコが・・・

IMG_6596

屋台で雨宿りをしはじめたので、どうやらこのお店でかわいがられているワンコのようでほっとしました。

IMG_6597

夜市のかたわらには足湯コーナーが。
礁渓温泉にはところどころに足湯やドクターフィッシュができるエリアがあってみなさんまったりされていました。

IMG_6598

我々も足湯に浸かりたかったのですが、雨は降ってるわ、タオルも無いわで残念ながら見てるだけ~

IMG_6599

(トウガラシのオブジェ ← (注)街のゆるキャラではないです)

IMG_6600

恒例のスタバチェック。
(今回の旅では元旦から売り出されるという福袋チェックのミッションもあるのでした)

IMG_6602

事前に礁渓温泉についてネット検索をしているとトマトが名産らしいとのことだったのですが、

IMG_6590

アホな私は「礁渓温泉・トマト」というワードに反応して「温泉玉子」ならぬ「温泉トマト(温泉で蒸したトマト?)」が食べられるんだと勝手に勘違いしてしまって、
「温泉トマトなんて珍しいな~どんなんか食べてみたいな~」
と、とても楽しみにしていたのですが、どうやらこの地域で湧き出る温泉水で栽培されたトマトという意味だったのでした。(ハハハ~)

IMG_6601

あと、そのトマトを絞ったトマトジュースも美味しいらしいです。
明日飲んでみようっと。

IMG_6603

さあ、ゆっくり温泉に浸かりたいのでホテルに戻りましょう。

IMG_6604

(↑ 街をぶらついている時に購入したカットフルーツいろいろ)

部屋でゆっくり温泉に浸かったら、風呂上がりのビール♪

ちなみに、写真にちょこっと写っている青い缶のビールは間違って北京製造のビールを購入してしまって、
「オイオイ!コレ中国のビールやん!台湾でなんで中国のビールやねん!!」
と、ブーブー言いながらグビッと飲んでみると・・・
「・・・ (意外と) ウマイがな!!」
となったのでした。(笑)
(スッキリ軽くて全然クセもないしグビグビ飲める感じかな!)

翌日からは、コンビニに行く度にこの北京製造のビール(たぶん朝日(アサヒだったかな?))を探す旅となったのでした。
(ハハハ~)

IMG_6611

(↑ ファミマの冷凍枝豆を自然解凍して毎晩ビールのアテにしてました)

寝る前にもう一度温泉に浸かっておやすみなさいzzz・・・



お次は遅めのランチに向かいましょう☆

ホテルから3分ほどの場所にある、

IMG_6529

「宜蘭滷之郷」というレストランにやってきました。
こちらは歩き方に紹介されていたのですが「滷味(煮込み料理)」の人気店とのことで、鴨腿麺(アヒル肉が入ったラーメン)も一緒に食べると美味しいんだそうです。

アヒルといえば、北京ダックしか食べたことがないのですが、食に関しては保守的なワタクシのお口に合うかしら・・・とドキドキしながら入店しました。

IMG_6530

(↑ ちょ、ちょ、ちょっと~~生前のアヒルの写真を看板にしないで~~)

IMG_6531

まずはショーケースから既に煮込まれた「滷味」をチョイスして会計をしてもらいます。
会計の時に「麺(鴨腿麺)もいる?」と聞かれたのでもちろんオーダーしました。

IMG_6533

こちらが私がチョイスした滷味です。

見た目、グロイですがショーケースにある選択肢が全部グロイやつ(夜市でよく見かける鳥の足そのまんまみたいなやつとか)しか無くて正直、震えながらのチョイスでした。

で、てっきり温め直してくれるのかと思ったら冷たいままだったので、
「ホンマにこの食べ方で正解なんかな?」と心配になってまわりを見渡してみましたが、他の台湾人のみなさんも美味しそうに山盛りいっぱいかぶりついて食べていたのでやはりこういうモノのようでした。

あ、でも味自体は醤油とみりんで味付けしたような日本人にも馴染みのある味付けで美味しいですよ!(←一応フォロー)
これは絶対ビールが欲しくなる味なのですが、残念ながらこちらのお店にはビールは置いてないそうです。
(ズコっ)

IMG_6534

こちらが看板メニューの「鴨腿麺」です。
うん!これも お・い・し・い~~
写真では分かりにくいですが、塩ラーメンに近いかな?
生姜が入っていてとってもあっさりしています。
上に載っているお肉がアヒル肉だそうですが言われないと鶏肉みたいな感じでした。



お腹がいっぱいになりましたが、間髪入れずに次行きます!!

雨の中15分ほど歩いてやって来たのは・・・

IMG_6535

「柯氏蔥油餅」です!
日本語に訳すと、ネギパイ といったところでしょうか。

礁渓温泉に来たなら「これを食べずして帰れない!」と言わしめる蔥油餅の人気店だそうです。
宜蘭地方は葱が特産だそうで、特にこちらの蔥油餅は絶品なんだとか。
(全部、台北ナビからのウケウリです)

IMG_6537

うわ~!!
さすがスゴイ行列です!!

IMG_6538

頑張って並びます!!

IMG_6539

順番が近づいてくるとお店の人が「ノーマルな蔥油餅か玉子入りの蔥油餅にするか」と注文を聞いてくれるのですが、たまたま前に並んでいたファミリーのお父さんが日本語ができる方だったので通訳をしてくれました。
我々は玉子入りを注文してみました。
(ちなみに40分くらい並びました!)

IMG_6542

ソースは3種類あって自分でお好みでつけます。

本当は出来立ての熱々をその場で食べたかったのですが、イートインスペースが無く立ち食いしないといけなくて大雨の中、傘を差しながら食べるのもなんだかなーと思いいったんホテルに持ち帰ることにしました。
(本音はビールと一緒に食べたかったからです)

IMG_6543

(もうあたりは暗くなっていました・・・)

こちらの「礁渓頂好蔥油餅」も行列ができています!
蔥油餅の屋台はだいたい夕方から営業するところが多いみたいで翌日食べ比べしようと行ってみたら開いていませんでした。

IMG_6545

ホテルに戻るとカクテルタイムのお酒が置いてあって、部屋に持っていって飲んでもいいとのことで遠慮なく頂くことに。

IMG_6547

では、頂きま~す!!

IMG_6548

おおおーーこれは、お・い・し・い~~!!
ネギに甘さがあって生地がもちっとしていてなんともいえない美味しさ!!
ちょっと冷めちゃいましたが、熱々だったらもっともっと美味しいんだろうな~と思いました!
(また食べたい~)


IMG_6553

蔥油餅を食べたあとは隣のジャストスリープホテルの大浴場も偵察しようということになって「カラスの行水」程度に温泉に浸かりに行きました。

IMG_6551

ふ~~
すべすべのいいお湯でした~~

ちなみに、脱衣所のロッカーにはバスタオルが置いてあるので温泉に浸かるだけなら手ぶらでOKでした。
(洗い場にシャンプーなどがあったかは不明)
パウダールームが狭くて入浴後はのんびりはできない感じなので(フルーツ牛乳とかも売ってないですし)、やはりササーーと温泉に浸かる程度にするのが良さそうでした。


温泉に浸かったあとはまたまたゴハンを食べに繰り出します☆
(また食べるんかーい)



礁渓温泉でのお宿、

IMG_6666

IMG_6524

ウェルスプリング バイ シルクス
(晶泉丰旅) Wellspring by Silks に到着です☆

IMG_6495

チェックイン開始時間くらいに到着したので、ロビーはたくさんのゲストでごった返していましたが幸いすぐに手続きをしてくれてキーを受け取ることができました。

こちらのホテルのスタッフの方は日本語はほぼ通じませんが英語は問題なく通じます。
そして、みなさん、良く気が利くというかひとつの質問に対してその次に何を聞かれるかをプラスアルファして回答してくれるような、とにかく仕事できるなーという印象を持ちました。

IMG_6496

(↑ こちらの被写体の奥様は私ではありません)

ロビーにはいつでも自由に頂けるコーヒーやお茶、そしておつまみなどが置いてあって、夕方のカクテルタイム(っていうんですかね?)にはワインや杏露酒(梅酒っぽかったけどたぶんアンズ酒)も頂くことができました。

IMG_6497

では早速、お部屋へ。
3階でした。

IMG_6498

イマドキな感じのスタイリッシュでかわいい内装です。

IMG_6503

IMG_6502

一応、温泉宿なので和のテイストも取り入れてる感じ。

IMG_6504

窓の外のテラス部分には浴槽があって一応、露天風呂になっています。

IMG_6509

露天風呂・・・といっても街のど真ん中に建つホテルなのでお風呂に入りながら絶景が観えるとか空気が美味しい~というわけではないのですが(むしろ通り沿いには車がバンバン走ってたりしますし)、日本でもこういう「個室露天風呂付きのお部屋」に泊まったことが無かったので「スゲー!!」とテンション上がりました!

宿泊者はすぐ隣に建つ同じ系列ホテルの「ジャストスリープ宜蘭礁渓館」の大浴場でも入浴できるのですが、夜とか朝とか時間を気にせず自分の部屋で温泉に入ることができたのは良かったです。
貧乏性なワタクシは全部で4回くらい温泉に浸かりました。

IMG_6510

お湯はもちろん温泉が出ます。
この温泉がですね、ものすごく良質な温泉ですべすべのお湯で硫黄とは違うほのかな良い香りがしてお肌がしっとりして、自分自身の体臭(?)も一日中いい匂いになりました。

IMG_6508

ちなみにシャワーから出るお湯も温泉でした!
気のせいか髪の毛がしっとりしました。

IMG_6505

水回りもキレイで使いやすかったです。

IMG_6507

アメニティはひととおり揃っていて、写真にはないですが、シャンプーとコンディショナーなどもあって香りも使用感も良かったです。

IMG_6511

あと、ベッドの寝心地も良くて掛け布団もペラペラじゃなくてふわっとしていたのがポイント高かったです。
館内着としてもOKな絞り染め風の浴衣があるのも温泉宿っぽくて隣のホテルの大浴場に行く時に着て行きました。

IMG_6500

クローゼットにはセイフティボックスもあります。

IMG_6658

お持ち帰りもOKなスリッパは草履風のビーサンになっていて、鼻緒が浴衣と共生地になっていたりと粋なデザインが気に入ったので頂いて帰りました。

IMG_6501

ミニバーには、無料のお水と

IMG_6516

お茶セットとお茶菓子もあります。

IMG_6499

ソファーも広々していました。
(すぐに物置きと化してとっちらかってしまいましたが・・・)

IMG_6640

それから、ホテルの屋上には温水プールもあります。

IMG_6650

(このときは土砂降りだったのでひとっこひとりいませんでしたが・・・)

IMG_6644

夜景も綺麗みたいですし、プールバーで軽く一杯やるのも良さそうですね。

IMG_6643

IMG_6645

プールの水はたぶん温泉なのかな?
お天気が良ければ冬でも泳げると思います。

IMG_6649

とにかくお天気が残念過ぎましたが、全体的にとても良いホテル(&コスパもいいと思います)なので次はまた夏に来たいと強く思いました。

ホテルチェックも終わったところで、お腹が空いたので遅いランチに向かいましょう~☆


台北駅から礁渓温泉へは高速バスで向かいます☆

礁渓行きのバスターミナルは、空港行きのバスターミナルとは違う場所にあって、「Qスクエア (京站時尚広場) 」というファッションビルの中にあります。

IMG_6486

チケット売り場は1階にあって、行き先毎にズラーッとたくさんの窓口があったので「礁渓」と書いたメモを見せてどこで買えばいいか教えてもらいました。

IMG_6490

チケット代は、95元でした。
出発は15分後だったので慌ててバス乗り場に向かいました!
(確か2~4階がバス乗り場になっていたと思います)

IMG_6488

(写真は見えずらいですが)礁渓行きのバスは15分置きと頻発しているので、バスチケットを買う前に買い物とかトイレは済ませておいた方がいいと思います。

IMG_6489

我々はチケットを買ってから車内で食べるおやつとか飲み物を買おうと思っていたのですがそんなのんびりする時間はありませんでした。
まあ、ガイドブックによると台北から礁渓までは1時間で到着するようなのでガマンします。
(最悪ペットボトルにつめたワインでも飲もうかな)

IMG_6493

バスの座席は2-1の配列になっていてとてもゆったりしていて快適でした。
(wifi もつながります)

IMG_6494

しかーし!
(冬なのに)車内は冷房が効いていて寒くて、これは「寝たら死ぬぞ(風邪引くぞ)」と思いました。
(防寒対策にはマスクがあったほうがよろしいかと思います)

ちなみに、バスのルートなのですが、私はてっきり台湾鉄道と並走して海岸線を走るのかなと思っていたのですが、GPSで確認してみると、鉄道と違って新店あたりから高速道路に入って礁渓温泉までは一直線といった感じでショートカットした道を走っていました。

とはいえ、この日は道路が渋滞していたこともあり、1時間半くらいかかって礁渓駅のバスターミナルに到着しました。
(渋滞でジリジリしていたので寝たら死ぬとは思いましたが睡魔には勝てずウトウトしてしまいました)


IMG_6523

礁渓駅に着いたらものすごい土砂降りの雨で、徒歩でホテルに向かうのは無理そうだったのでタクシーに乗り込みました。

IMG_6522

(タクシー代150元)
5分くらいでホテルに到着です☆


平成31年1月のあれこれ☆

IMG_7205

お正月明けにやっと「ボヘミアンラプソディ」を観て来ました!

年末に台湾に行った時に、街を歩いているとBGMでクイーンが流れていて台湾でも映画の相乗効果でクイーン人気が高まっているのかなという印象でした。
それで、日本に帰国したら絶対に映画を観に行こうと思った次第です。
(あと、台湾では「グレイティストショーマン」もよく耳にしましたっけ・・・)


IMG_E7204

(↑ 映画の前に腹ごしらえ)

私は映画を観る時は一番うしろの真ん中席が好きなのですが、予約の時点で既に埋まっていました。
当日は、やっぱり満員でした!(スゲー)

最後のライブシーンは自然と涙が流れてきましたし(隣のおじいちゃんは号泣してました)、リピーターが多いのもうなずけるし、やっぱり映画館で観るべき映画ですね。
(あと・・・映画を観終わってすぐさまユーチューブでライブエイドを確認したのは私だけではないハズ!)


IMG_E7231

感動冷めやらずで、近所の図書館でCDを借りてきてウォークマンに取り込んじゃいました。

IMG_E7233

「ママ~~ウーウーウ~♪」
「ガリレオガリレオ~♪」
(頭の中でぐるぐるぐる・・・)


******************************************

IMG_7222

取引先で頂いた、

IMG_7223

糖村のヌガー。

IMG_7224

(ミルク味とコーヒー味)

ウチの会社では、「口の中の水分を持ってかれる!」という理由でパイナポーケーキなど月餅系のモサモサ&バタリッシュなスイーツは誰も喜ばないのですが(スイマセン、スイマセン)、ヌガーは好評なのです。
(銀歯はとれそうになりますが・・・)

あと、以前もらった中で美味しかったのはどこかのカフェのコーヒー味のエッグロール。
(机の上が大変なことになりますが・・・)
誰か買ってきてくれないかな・・・?
(缶かんで売ってるから自分で買うのは躊躇しちゃうんですよね~~ハハハ)

***************************************

ドラッグストアのおつとめ品コーナーで見つけた、

IMG_E7235

「トゥービーホワイトの歯を白くする集中美容液」
2100円 → 1050円 になっていたので思わず購入~☆

IMG_E7237

専用歯ブラシもついてました。

私は、タバコも吸わないし日常的にコーヒーも飲まないですが、やっぱり加齢とともに10代の頃のような真っ白な歯とはいかなくなくなってきたので(←何年前やねん)これで悪あがきしてみます!

関係ないですが、八重歯にほのかな憧れがあるワタクシ。
歯の抜け変わりの小さい頃は「私はいつになったら生えてくるんだろう?」と思っていました。

なので、八重歯の芸能人もいまだに気になってしまう。
なんか老けたな、と思ったらだいたい八重歯が無くなってるし~
(古くはみっちょ◯、ミポ◯ン、エ◯カ様、上◯樹里、大◯優子とか名前を上げたらキリがない)

まあ、八重歯美人には絶対なれないですが、なるべく黄ばみのない歯をキープしていきたいです♪


*******************************************

旅の妄想~

あ~どっか行きたい~~!
って、どこ行きたいの?と自分に問いかけてみると、

現実的に弾丸でも行けそうな国だと、
ハノイ、そして、シンガポール、あとは去年のポルトガルの流れでマカオ、かな?

行ったことがなくて、行ってみたいけど現実的に難しそうな国は(←金銭的&時間的に)
ニューヨークとロンドン。


以下、自分メモ。

2019年の中国の連休をチェック。
(気にし過ぎかもですが、中国の連休と相まってチケット代高騰&なにより団体さんで混みそうなので)

2/2~10(春節) 
4/5~7
6/7~9
9/13~15(中秋節)
10/1~7(国慶節)

(こう見てみると、日本の連休とかぶりますね・・・)

9月の日本は連休が続きますが台風シーズンはリスキーっていうのが注意したいところ。

いまのところ、GWと夏休みのチケットは予約してあるのですが、それ以外は白紙の状態。
ウダウダ考えているうちに月日は流れてギリギリにしか動かないワタクシ。
この要領の悪い性格、なんとかしたいのですが、先の計画をたてるより、そのときそのとき行きたいところに(今すぐ)行きたいとも思うんですよね~

まあ、なるようになるかな?(ハハハ・・・)


今月は以上です☆





台湾2日目です。

IMG_6479

おはようございます☆
ちょっと寝坊して8時起床です。

IMG_6454

今日は、お昼頃にバスで礁渓温泉に向かう予定なのでそれまで台北をブラブラしたいと思います。

IMG_6455

まずは、ホテルに朝食がついていないプランだったのでお外に食べに行きます。

IMG_6456

(↑ 乃木坂46)

台湾の朝ごはんといえば、今回も「阜杭豆漿」に行きたかったのですが、

IMG_6457

(台湾でも人気なんですね~)

やはり、今日は日曜日&台湾も連休ということで行列がとんでもないことになってそうだったので、

IMG_6458

別のお店を新規開拓してみることにしました。

IMG_6470

(↑ おや?)

ネットで 「台北駅 豆乳スープ(←「豆漿」という字が分からなかった・・・)」 と検索をかけると、「四海豆漿大王」がヒットしました。

IMG_6471

(かわいいベベ着てツーリングですか)

台北駅から徒歩15分とのことだったので朝の散歩がてら行ってみることに♪

場所的には中山駅が近いのかな?
台北駅からは中山地下道を通ってやってきました。

IMG_6473

(風景を撮るフリしてわんこを激写)

IMG_6461

「四海豆漿大王」に到着です!

IMG_6462

うわ~ここもスゴイ行列!!

IMG_6463

と思ってしばらく並んでいたのですが、実はこちらの行列はテイクアウトする人の列で、店内で食べる人の列は反対側にあってわりとすぐに入れました~~
(くーー 時間のロスをしてしまった・・・)

IMG_6464

注文は写真入りのメニューがあるので分かりやすかったです。
(注文をする時も我々の前にいた台湾人のお兄さんがあれこれ世話を焼いてくれました)

IMG_6465

じゃーん!
いろいろ頼んでみました~

IMG_6467

鹹豆漿(豆乳スープ)と、

IMG_6466

焼餅夾蛋(ナンみたいなパンにネギ入りの卵焼きを挟んだやつ)と、

IMG_6468

蛋餅(ネギ入りのクレープみたいなやつ)と、

IMG_6469

冷豆漿(冷たい豆乳)です。

どれも間違いない美味しさです!

美味しさレベル的には正直「阜杭豆漿」には敵いませんが、いろんな方がおっしゃるように考えようによっては阜杭豆漿で1時間近くも並ぶほど美味しさに差はないかも~と思いました。

朝からお腹いっぱいだ~

IMG_6478

(↑ 昨夜のワインが余っていたので、空のペットボトルに入れて持って帰るの画。・・・ハハハ)

朝ごはんのあとはいったんホテルに戻ってトイレや歯磨きをしてチェックアウトを済ませることにしました。

IMG_6475

フロントで荷物を預かってもらって、台北駅の地下街にあるドラッグストアでコスメをチェックしたりショップなどを物色。

IMG_6474

台湾のショップ店員さんは「台湾製」ということに誇りを持っているようで、「C製」との違いをアピールしておられました。
(実際、C製より台湾製のほうが品質が良いです)

確かに、せっかく台湾で買い物をするのですからちゃんと「台湾製」の物を選びたいですよね~
日本でもそうですが、ここ台湾でも実際安価な物はC製の物が多くて国産の物を探す方が苦労するのかも。

IMG_6477

というわけで、台湾製のスポーツソックスを購入。
(生地がしっかりしているんです)

IMG_6483

それから、前回、台北でおパンツを爆買いしたのですが、またまた同じお店に来ちゃいました~
(すいません、すいません。お恥ずかし~)

前回、母にこちらのモダール生地のおパンツをお土産にしたら気に入ってくれたので、それも含めてリピ買いです。
(1枚30元×12枚)

IMG_6476

お買い物のあとは、ホテルの隣りにあった「天仁茗茶」でタピオカミルクティを一気飲みしてタイムアップです!

お次は礁渓温泉に向かいましょう☆





IMG_6420

お次は、ゴハンを食べに行きたいと思います☆
この時、既に20:30になろうとしていました。

IMG_6421

ガイドブックをパラパラめくるも行きたいなと思うお店はだいたい20:00とか21:00で閉店という所ばかり。
(この時、夜市に行けばいいというアイデアは浮かばなかった・・・)

その中でも深夜まで営業しているお店、ということで

IMG_6430

行天宮駅と松江南京駅の間にある、

IMG_6422

「好記担仔麺」にやってきました。
その名も担仔麺のお店です。

「度小月」とどちらの担仔麺が美味しいか食べ比べをしてみましょう~☆

IMG_6423

担仔麺以外にもいろいろメニューがあって店頭に食品サンプルがありました。

店内にはバドガールならぬ、ナイスバディなハイネケンガール(?)がいて居酒屋パブのような雰囲気。
グラスが空になったらハイネケンガールがいちいちビールを注いでくれます。

IMG_6427

まずは、空芯菜の炒め物。
にんにくが効いていてビールが進む~

IMG_6428

そして担仔麺。
スープはエビのだしがかなり効いていますがあっさりしています。

IMG_6429

最後に、アサリの炒め物。
(台湾のアサリって貝殻の柄がグロい)

台湾ビールも1本開けてこれ全部で500元也。
(台湾の食事にしてはちょっと高級ですね)

どれもそこそこ美味しかったですが、たまたまかもしれませんが料理が冷めていてぬるかったのがかなり残念でした。
(やっぱり出来立て熱々の物が食べたい)

ってことで、担仔麺対決は圧倒的に「度小月」の勝ちですね~
(たぶん、再訪はないかな?)


IMG_6431

台湾の第1食目がちょっと不完全燃焼気味だったので・・・

IMG_6432

こちらも深夜まで営業しているってことで「金峰魯肉飯」にやってきました。
(タクシー代150元)

IMG_6433

相変わらずにぎわっていましたが、すぐに席に案内されました。
相席になったお兄さんがいろいろ気遣ってくれて「そうそう、これが台湾なのよね~」とあらためて台湾に来たことを実感しました。

IMG_6434

ここに来たら頼むメニューはこれ。
魯肉飯に煮卵をトッピングして、そしてハマグリと鶏肉のスープ。

前回来た時は6月の暑い時期で汗だくになって食べましたが、この時期の台北は日本でいう11月の初冬くらいの気温でマフラーも手袋もいらなくてライトダウン1枚でもOKな感じでした。
(台湾人はごっついダウンを着ている人もいましたけど)

IMG_6435

満足な気分でホテルに戻ります。

IMG_6436

安室ちゃんと佐佐木希。

IMG_6443

ホテルに戻ってちょこっと晩酌。

ホテルのプレゼントのワインはワインオープナーが無かったのでベルボーイが来てくれてドアの外で開けてくれました。
(チップ50元)

IMG_6445

ワインはあまり飲めないし、味も分からないけど飲みやすくて美味しかったです。
それではおやすみなさいzzz